WindowsにGitをインストールする方法

Webサービス

こんにちは!ワイスケ(@waisuke12)です。

Gitは作成したプログラムの変更履歴などを詳細に記録できるシステムです。また、HerokuやAzure WebAppsなどにWebサービスをデプロイする際にも必要となってきます。

今回はWindowsでGitを利用するために、必要な手順を紹介します。

スポンサーリンク

Git for Windowsのダウンロード

以下のURLにアクセスします。

Git - Downloads

Downloadsにある「Windows」をクリックするか、「Download *.**.* for Windows」をクリックします。本記事執筆時点では2.17.1が最新です。

007-001

任意のパスにインストーラーをダウンロードします。

007-002

以下のファイルがダウンロードされればOKです。

007-003

Git for Windowsのインストール

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

Setupが始まったらNextボタンをクリックします。

007-004

インストールパスを指定してNextボタンをクリックします。特別なこだわりが無ければそのままでOKです。

007-005

必要な項目にチェックを入れ、Nextボタンをクリックします。

007-006

以下、各項目の簡単な説明です。

  • Additional icons -> On the Desktop
    ⇒デスクトップにショートカットアイコンを作成するかどうかです。
  • Windows Explorer integration -> Git Bash Here / Git GUI Here
    ⇒エクスプローラー上で右クリックしたときに、「Git Bash Here」と「Git GUI Here」が追加されます。私はIDEでGitを利用するので、この機能を使ったことはないです。
  • Git LFS(Large File Support)
    ⇒大きなファイルやバイナリファイルを扱うための拡張機能です。使う予定が無ければ外しても問題ないです。
  • Associate .git* configuration Files with the default text editor
    ⇒拡張子が.gitのファイルを、後に出てくるデフォルトエディターで開くように設定します。
  • Associate .sh files to be run with Bash
    ⇒拡張子が.shもファイルをGit Bashで開くように設定します。
  • Use a TrueType font in all console windows
    ⇒日本語OSで本項目にチェックを入れると、文字化けが多発します。英語OSを利用している方以外はチェックしないでください。
  • Check daily for Git for Windows updates
    ⇒Git for Windowsのアップデートを毎日チェックするかです。常に最新版にしておきたい場合はチェックします。

スタートメニューに表示されるフォルダ名を指定してNextボタンをクリックします。特別なこだわりが無ければそのままでOKです。

007-007

デフォルトエディターを選択し、Nextボタンをクリックします。エディターの設定はインストール後に変更が可能となっています。ここに表示されていないAtomなどのエディターに設定することも可能です。

007-008

Gitを利用する環境を選択し、Nextボタンをクリックします。「Use Git from the Windows Command Prompt」を選択しておくと、コマンドプロンプトやPowershellでGitコマンドが使えるようになります。Python IDEのPyCharmからGitコマンドを実行できるようになるので、オススメです。

007-009

GitでHTTPSを利用したPushなどに利用する証明書のバックエンドを選択し、Nextボタンをクリックします。個人で利用する場合は「Use the OpenSSL library」を選択するのがいいと思います。

007-010

改行コードの設定を選択し、Nextボタンをクリックします。

007-011

ターミナルエミュレーターを選択し、Nextボタンをクリックします。

007-012

その他のオプションを選択し、Installボタンをクリックします。

007-013

インストールが開始されます。

007-014

セットアップが完了したらFinishボタンをクリックします。

007-015

スタートメニューに以下の3つのプログラムが追加されました。

007-016

Git for Windows動作確認

Powershellかコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

git –version

以下のようにGitのバージョンが表示されれば、正常にインストールがされている状態です。

007-017

 

以上、Git for Windowsのインストール方法でした!

コメント

  1. たつや より:

    とても分かりやすかったです。
    早くこのサイトに出会っていればよかった。
    最後は
    git –-versionでした。

タイトルとURLをコピーしました