Windows 10にPythonをインストールする

Python

こんにちは。ワイスケ(@waisuke12)です。

最近、何かと人工知能(AI)やディープラーニング(Deep Learning)といった言葉を耳にしますよね。それらを簡単に扱うことができるプログラミング言語として、Pythonが脚光を浴びています。

Pythonは様々なライブラリが充実しているため、初学者でもとっつきやすく、人気のプログラミング言語となっています。

MacやLinuxではデフォルトでPythonがインストールされていますが、Windowsは自分でインストールする必要があります。

今回はWindow 10に最新版のPythonをインストールする手順を紹介します。

スポンサーリンク

インストーラーダウンロード

以下のサイトより、最新のPythonインストーラーをダウンロードします。

Python Releases for Windows
The official home of the Python Programming Language

「Latest Python 3 Release – Python x.x.x」をクリックします。本記事執筆時点では「3.6.5」が最新となっています。
003-001

自分のPCに合ったインストーラを選択します。今回はWindows 10 64bitなので「Windows_x86_64-executable_installer」を選択します。embeddableやweb-based版もありますが、exe形式が一番分かりやすいため、executableでのインストールをおススメします。003-002

 

以下のコマンドで自分のPCのbitを確認できます。

Powershell:

Get-ChildItem env: | where{$_.name -eq “PROCESSOR_ARCHITECTURE”}

コマンドプロンプト:

set PROCESSOR_ARCHITECTURE

 

インストーラーを任意の場所に保存します。
003-003

以下のファイルが作成されていればOKです。
003-004

インストール

先ほどダウンロードしたインストーラーを実行します。

今回はインストールパスを変更したいので、「Customize installation」をクリックします。Add Python 3.6 PATHのチェックを入れておくと、後のPATHを通す手順を省略することが出来ます。「PATHを通す」という意味が分からない人は、勉強のためにもチェックせずに進めることをオススメします。
003-005

Optional Featuresでは特に設定を変えずにNextをクリックします。
003-006

Customize install locationのパスを任意のパスに変更します。デフォルトだとユーザーのAppData配下にインストールされます。今回は「C:\Python36」とします。
003-007

インストールは完了しますが、Closeする前にDisable path length limitをクリックします。
003-008

Windows 10から260文字を超える長いパスを扱えるようになります。長いパスはなるべく避けるべきですが、解除しておいて損はないと思います。ただし、インストールしたPCでしか有効にはならないので注意してください!

Disable path length limitの表示が消えたらCloseをクリックします。
003-009

 

以上でインストールは完了です。

Pathを通す

Pythonのインストールが完了しても、Pathを通さないと動作しません。上記の流れでインストールした直後、PowershellでPythonのバージョンを取得するコマンドを実行すると、以下のようにエラーとなります。
003-010

python.exeが「C:\python36」というフォルダの中にある、というのをOSが認識できないために発生するエラーとなっています。なので「C:\python36にpython.exeがあるよ~」というのをOSに認識させてあげます。

具体的には環境変数「PATH」にPythonのインストールフォルダを追加する作業となります。

まずスタートメニューより設定ボタンをクリックして設定を開きます。
003-011

検索ボックスに「環境変数」と入力してください。ドロップダウンに「環境編素を編集」とひょうじされるのでクリックします。
003-012

Cortanaで検索しても同じ検索結果が出ます。

下段にあるシステム環境変数内の「Path」をクリックし、編集ボタンをクリックします。
003-013

新規ボタンをクリックします。
003-014

Pythonをインストールしたパスを入力し、OKをクリックします。
003-015

画面が戻ったらOKをクリックします。
003-016

OSのバージョンにより設定画面が異なることがありますが、末尾に「追記する」ようにしてください。すでに設定してあるPathを消してしまうと、色々なものが動かなくなり大変なことになります。

では、先ほどと同じコマンドを実行してみましょう。
003-017

今度はパスが通っているので、正常にPythonのバージョンが表示されました。

 

以上、Windows環境にPythonをインストール手順でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました